*3WAYバッグの作り方・例 

Q・・・・・中袋の携帯ケース付きポケットの状態&付け方。
  *山折になる部分に先にステッチをかけておきます。
この時、下側の縫い代を裏側に織り込んでおくのを忘れずに。

底マチの状態です。

ふたの裏側・・・マグネトボタンを付けた状態。

Q・・・ショルダーヒモ用のDカンの付け方
A・・・バイアスをつける前に本体に縫い付けておくのがベスト(後からつけても可

ポケット下側

↑先にステッチをかける

前面のポケットから作り始めます。       ↓ポケット上部にレースをつけるととても可愛いです(画像は仮止めした状態

後ろ面の、ポケットの中の隠しカードポケット。本体に縫い付けておきます。

本体後ろ面のポケット・・・ここでは四角いポケットですが手順はほぼ同じです。
1・・・ポケット本体に、ファスナーを付けます。
    円形ポケットの場合は淵はレースやバイアスで包んでおきます。
2・・・・本体に重ねます。

もう一方のファスナーを本体に縫い付けます。
そのあと横部分をレースを乗せて縫います。

サイドポケットの仕立て方例
  *ポケット入れ口にレースを乗せて仮縫い
*裏布と中表に合わせて縫う

*2箇所ステッチで抑える(ゴム通しくち用にもステッチをかける)

側面マチに乗せてしつけをかける

本体とマチ部分を合わせてシツケをかけたところ

底マチ

マチ側のカーブにかかる部分は縫い代に切り込みを入れる。

中袋用ポケット↓     土台布に(中布)載せて中心にステッチ。

**使用パターンはこちら**(アレンジしています。)

ショルダーひも・・1・片側にナス間を通して縫う。        2・ヒモの反対側から送りカン」を通す     3・反対側のナスカンに通す。

4・ヒモの端を送りカンに再び通す。            通し終わりました。↓

蓋(フラップ)をバイアスで包む。表面からミシンで縫ってから、裏側でまつる。      マグメットボタンを付けるときは表、裏を合わせてしまう前にボタンを付けてから周りを包みます。

本体

ステッチ→

ポケット・表

ステッチでおさえる

ゴムを通す時は、上から1,5cm下に、もう1本ステッチを入れる

底側は底マチの幅に合わせてたたむ

ソコマチと側面マチを縫い合わせる

裏布

中表にあわせる

レースを抑えてステッチをかける。       その下1.5cmの所にゴム通し用のステッチをかける  ゴム口にステッチ

ゴムは本体の幅に合わせて(タックをたたんだ状態の時)縮める・・・バッグのデザインによって異なります

出来上がり線でアイロンをかけておく

ポケット口にステッチ

バッグ本体に乗せたら、仕切り線にもステッチをかける

ポケットを本体に縫い付ける

前面ポケットの内部につける場合↑

アイロンで折って置く

裏布をまつりつける

編集途中ですがまだ下に説明あります↓